第18回セミナー(平成22年度)

第 9回(平成13年度)
第10回(平成14年度)
第11回(平成15年度)
第12回(平成16年度)
第13回(平成17年度)
第14回(平成18年度)
第15回(平成19年度)
第16回(平成20年度)
第17回(平成21年度)
●第18回(平成22年度)
第19回(平成23年度)
第20回(平成24年度)
第21回(平成25年度)
第22回(平成26年度)
第23回(平成27年度)
第24回(平成28年度)
第25回(平成29年度)
第26回(平成30年度)

・・

8月21日(土)

13:30―13:35
開会の辞:島 史雄(ブックスクリニック福岡 機能神経外科)

一般講演1 13:35−14:20  司会:島本宝哲(島本脳神経外科医院)
1)ラットの脳性麻痺・痙縮モデルの作成と髄腔内バクロフェン療法の効果測定
香川慶輝 他(山口大学脳神経外科)

2)蘇生後脳症の小児患者にITB療法を行った1症例-
村岡範裕 他(柳川リハビリテーション病院脳神経外科)

3)経頭蓋磁気刺激療法を施行した全身性ジストニアの1症例
島本宝哲(島本脳神経外科医院)

一般講演2 14:20−15:05 司会:平田好文(熊本託麻台病院脳神経外科) 
4)パーキンソン病に伴う難治性疼痛に対する脊髄刺激療法
平田好文 他(熊本託麻台病院脳神経外科)

5)Parkinson病の腰・下肢痛に対する脊髄刺激療法の効果
上利崇他(岡山大学脳神経外科)

6)脊髄刺激療法により歩行が改善した脳卒中後疼痛の1例
大原信司 他(福岡山王病院脳・神経機能センター脳神経外科)


休憩 15:05―15:15

一般講演3 15:15−16:15 司会:戸田啓介(国立長崎医療センター脳神経外科)
7)前頭葉限局性皮質異形成例におけるてんかん源の神経生理学的解析
中野直樹 他 (近畿大学脳神経外科)

8)痙攣重積後自然てんかんおよび認知機能障害に対するtDCSの効果
上田 徹 他 (大分大学脳神経外科)

9)脳梁離断術後に焦点切除・離断術を実施した小児てんかんの検討
戸田啓介 他 (国立病院機構長崎医療センター脳神経外科)

10)パーキンソン病睡眠障害に対する視床下核深部脳刺激治療はREM期アトニアを回復する
西田南海子 他(田附興風会医学研究所北野病院脳神経外科)

ミニレクチャー1 16:15−16:45 司会:浦崎永一郎(長崎川棚医療センター脳外科)
中枢電気刺激治療と脳深部細胞外ユニット記録からみた中枢性疼痛とてんかん
山城勝美 他(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター脳神経外科)

特別講演1 16:45―17:45 司会:上田 徹(大分大学脳神経外科)
てんかんの病態・脳機能と broadband EEG
池田昭夫 (京都大学臨床神経学)

事務局報告 17:45−17:50 島 史雄(ブックスクリニック福岡)

8月22日(日)

一般講演4 9:00−10:00 司会:藤井正美(山口大学脳神経外科)
11)片側視床Vo核・淡蒼球内節DBSが有効であった二次性ジストニアの一例
村上信哉 他(九州大学脳神経外科)

12)超高齢者に対する神経血管減圧術
菅田真生 他(鹿児島大学脳神経外科)

13)高齢パーキンソン病患者に対するSTN-DBSの効果
井本浩哉 他(山口大学脳神経外科)

14) 高齢パーキンソン病症例に対する両側視床下核刺激術の効果と問題点
山田和慶 他(熊本大学脳神経外科)

ミニレクチャー2 10:00−10:30 司会:岡村知實(宇部興産中央病院脳神経外科)
パーキンソン病の衝動制御障害に対するSTN-DBS後薬物減量療法
島 史雄(ブックスクリニック福岡 機能神経外科)


休憩 10:30−10:40

ミニレクチャー3 10:40−11:00 司会:大原信司(福岡山王病院脳神経外科)
Stereotactic neurosurgery for movement disorders: The current status in Sri Lanka
Colvin Samarasinghe (Department of Neurosurgery Navaloka Hospital, Colombo, Sri Lanka)

特別講演2 11:00−12:00 司会:山田和慶(熊本大学脳神経外科)
不随意運動に対する脳深部刺激療法
横地房子(東京都立神経病院 脳神経内科)

12:00−12:05
閉会の辞:島 史雄(ブックスクリニック福岡 機能神経外科)

九州・山口機能神経外科セミナー トップページへ