第23回セミナー(平成27年度)

第 9回(平成13年度)
第10回(平成14年度)
第11回(平成15年度)
第12回(平成16年度)
第13回(平成17年度)
第14回(平成18年度)
第15回(平成19年度)
第16回(平成20年度)
第17回(平成21年度)
第18回(平成22年度)
第19回(平成23年度)
第20回(平成24年度)
第21回(平成25年度)
第22回(平成26年度)
●第23回(平成27年度)
第24回(平成28年度)
第25回(平成29年度)
第26回(平成30年度)

・・
8月22日(土)
開会の辞 13:00-13:10
山田 和慶 (熊本大学 脳神経外科)
一般講演1 13:10-13:55
司会:戸田 啓介 (国立病院機構長崎医療センター 脳神経外科)
てんかん
1) 後頭葉てんかんの外科治療後に視野障害の改善が得られた 1 例
浜崎 禎ほか (熊本大学 脳神経外科)
2) MRI で明らかな病変のないてんかん性スパズムに対する外科治療
戸田 啓介ほか (国立病院機構長崎医療センター 脳神経外科)
3) 全国保健所アンケートに基づくてんかんの地域保健支援体制に関する実態調査
藤井 正美ほか (山口県 周南健康福祉センター)

休憩 13:55-14:05

一般講演2 14:05-14:50
司会:浦崎 永一郎 (国立病院機構長崎川棚医療センター 脳神経外科)
パーキンソン病
4) DBS 前後の DaTSCAN 所見の変化
井本 浩哉ほか (山口大学 脳神経外科)
5) パーキンソン病におけるSTN-DBS治療前後の脳血流SPECTの変化
中根 俊成ほか (熊本大学 神経内科)
6) パーキンソン病に対する視床下核刺激術の早期導入は有意義か? -EARLYSTIM基準の検証-
山田 和慶ほか (熊本大学 脳神経外科)

休憩 14:50-15:00

一般講演3 15:00-15:45
司会:中根 俊成 (熊本大学 神経内科)
ジストニア
7) 頚部ジストニアに対する反復経頭蓋磁気刺激法の効果
村岡 範裕ほか (柳川リハビリテーション病院 脳神経外科)
8) 広島県における痙性斜頸に対する脳深部刺激療法の取り組み
秋光 知英ほか (たかの橋中央病院 脳神経外科)
9) 二次性ジストニアに対する GPi-DBS が著効した一例
天白 晶ほか (北斗病院 脳神経外科)

休憩 15:45-16:00

特別講演1 16:00-17:00
司会:山田 和慶 (熊本大学 脳神経外科)
大脳基底核と運動制御
高草木 薫 (旭川医科大学 脳機能医工学研究センター)
特別講演2 17:00-18:00
司会:上田 徹 (大分大学 脳神経外科)
覚醒下手術の意義
三國 信啓 (札幌医科大学 脳神経外科)
事務報告 18:00-18:05
山田 和慶(熊本大学 脳神経外科)

懇親会 19:00-21:00



8月23日(日)
一般講演4 9:00-9:45
司会:大原 信司 (福岡山王病院 脳・神経機能センター 脳神経外科)
Neuromodulation
10) 機能的脳神経外科手技による意識障害の改善:SCS, MCS, ITB の症例から
藤岡 裕士ほか (国立病院機構関門医療センター 脳神経外科)
11) 脊髄刺激による体性感覚誘発電位への干渉効果発現機序
浦崎 永一郎ほか (国立病院機構長崎川棚医療センター 脳神経外科)
12) DBS 術中に呼吸困難を呈したパーキンソン病の2症例
大原 信司 (福岡山王病院 脳・神経機能センター 脳神経外科)

休憩 9:45-9:55

特別企画 「追悼 島 史雄先生」 9:55-10:30
@ 島 史雄先生の御指導で始まった熊本大学機能神経外科
山田 和慶 (熊本大学 脳神経外科)
A 九州・山口機能神経外科セミナー発足当時の思い出
山城 勝美 (医療法人社団輔仁会 輔仁クリニック)
B 島先生との思い出
岡村 知實 (宇部興産中央病院 脳神経外科)

休憩 10:30-10:40

特別講演3 10:40-11:40
司会:篠島直樹 (熊本大学 脳神経外科)
MRガイド下集束超音波治療の実現と未来
阿部 圭市 (東京女子医科大学 脳神経外科)
閉会の辞 11:40-11:45
山田 和慶 (熊本大学 脳神経外科)
九州・山口機能神経外科セミナー トップページへ